シミの種類

シミの種類

シミにも色々な種類のシミがあります。自分のシミに合ったケアをしましょう。

シミの種類

 みなさんが一般的に呼んでいるシミは、顔にできた茶色っぽく見えるもの全般をさしているのではないでしょうか。なかには、ほくろやイボに相当するものも「シミ」と呼ぶ人もいます。
 一般にシミと呼ばれるものには、医学的にいうと、老人性色素斑、脂漏性角化症、そばかす、炎症性色素沈着、花弁状色素斑などが含まれます。
 自分のシミがどれにあてはまるかによって、できる原因やお手入れ方法が変わっていきます。
 まず、は自分のシミがどのタイプに該当するのか、よく見極めることが先決です。

カン違いスキンケア

  • 美白化粧品を使うのは夏だけ
  • 日焼け止め化粧品はほとんど使わない
  • 日焼けしたなと感じたら、美白マスクを使う程度

シミのタイプに合わせたお手入れや治療を

老人性色素斑(ろうじんせいしきそちんちゃく)

  • シミの特徴は?
  • シミの中でもっとも多いのがこのタイプ。紫外線の影響でできてしまうもの。頬骨の高いところにできやすく、数mm~数十mm大の丸い色素斑であることが多い。でき始めは薄い茶色をしているが、しだいに濃く、はっきりとしてくるのが特徴。何年も経つうちに隆起してくることがあり、次に脂漏性角化症になっていくものもある。

  • 美白化粧品の効果は?
  • ごく初期のうっすらしたものには、美白化粧品の有効成分が効果を発揮する。ただし、定着してしまったものは、皮膚自体が変化しているため化粧品では消えない。

  • そのほかの有効な治療法は?
  • シミの輪郭がはっきりしてきたものは、レーザー治療でないと消せない。

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

  • シミの特徴は?
  • シミからさらにイボのように盛り上がってきたもの。よく見ると、イボの表面はボツボツとしているのが特徴。手の甲などにできる茶色いシミもこれに相当するものが多い。

  • 美白化粧品の効果は?
  • 皮膚の形態そのものが変化してしまっているため、美白化粧品は効果がない。

  • そのほかの有効な治療法は?
    レーザー治療のほか、液体窒素による凍結療法で消せる場合もある。

ソバカス

  • シミの特徴は?
  • 一般的に小さいシミのことをソバカスと呼んでいるが、厳密には遺伝的なものだけをさす。遺伝的なソバカスは、10代のころからでき始め、小さく茶色いシミが鼻を中心に散らばるようにできるのが特徴。よく見ると、シミのひとつひとつの形が円というより三角や四角になっている。白人に多くみられるが、日本人でも色白の人に比較的多い。

  • 美白化粧品の効果は?
  • 理論上では、美白化粧品の効果が出るはずだが、遺伝的要素が強すぎるためか、あまり薄くならないよう。

  • そのほかの有効な治療法は?
  • レーザーで治療すればきれいに消すこともできるが、再発することもある。

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

  • シミの特徴は?
  • ニキビ跡や傷痕などが茶色くシミになって残ったもの。足や腕にできた虫さされの跡がシミのようになって消えないことがあるが、これも同じである。そのほか、むだ毛を毛抜きで抜いていると、毛穴の周りが炎症を起こして黒く跡になるのもこのタイプ。

  • 美白化粧品の効果は?
  • 美白化粧品が有効なタイプ。おすすめの成分はビタミンC誘導体。

  • そのほかの有効な治療法は?
  • ピーリングが速効性あり。そのままにしていて消えることもあるが、消えるまでに2~3年かかるケースもあり、そのあいだに日焼けすると消えにくくなる。

花弁状色素斑(かべんじょうしきそはん)

  • シミの特徴は?
  • 海などで急激に日焼けしたあとに、肩から背中にかけてできる小さなシミをさす。よく見ると、円ではなく、花びらのような形をしていることから、こう呼ばれている。

  • 美白化粧品の効果は?
  • 美白化粧品ではほとんど消えることはなく、あまり効果があるとはいえない。

  • そのほかの有効な治療法は?
  • レーザー治療を行うのが確実。そのほかの方法で消すのは難しいよう。

掲載:2013年04月11日   category:スキンケア

tag:, ,

スキンケア」の関連記事

PAGE TOP