脱毛自己処理方法

脱毛自己処理方法

ムダ毛の自己処理法には大きく分けて、「色を薄くする」「溶かす」「剃る」「抜く」「剃る」の4通りがあります。それぞれ再生のスピードや肌への影響が違うので、生えているムダ毛の状態や処理する部分を考えて、自分に適した処理方法を選びましょう。

効果的な自己処理方法

  • 色を薄くする=「脱色剤」

長所と短所:表皮から上に出ている部分の色を薄くして、目立たなくする処理方法。毛の色抜くだけなので痛くないが、けが伸びてくると不自然。肌への刺激が強くかぶれに注意が必要。

特にVライン回りに使用する際にはかなり注意が必要ですが、Oラインには使用するわけにはいきません。その場合は他の脱毛方法をお考えください。

実 際に陰毛の脱色した方の話では、Vライン回りの陰毛に脱色剤を使用した場合もその刺激は強く、かなりピリピリしたということです。陰毛というのは元々太い 物なのでその効果も思ったより得られないことが多いとのことです。使用する際には性器に脱色剤が流れないように最新の注意を払う必要があります。

  • 溶かす=「除毛剤・脱毛クリーム」

長所と短所:表皮から上に伸びている毛を、薬品によって化学的に分解する方法。痛みがなく、ほとんどの部位に使用できる。しかし、処理に時間がかかる割合に長持ちしない、肌への刺激が強い。

脱毛クリームは毛根を無くすものではありません。結論としてはすぐに生えてきます。剃毛(カミソリ)での脱毛をすることとあまり変わりは無いということです。もう一つ問題なのは、新しく生えてきた毛が埋没毛と言って、皮膚の中で伸びてきてしまうこともあるということです。

  • 抜く=「毛抜き・テープ・ワックス・電気脱毛器」

長所と短所:毛を根本部分から引き抜くため、効果が長持ちし、きれいに仕上がる。しかし、処理方法によっては痛みが大きく、毛が途中で切れてしまい切り残すこともある。

  • 剃る=「カミソリ・シェーバー」

長所と短所:表皮から伸びている部分を断ち切る方法で、すべての部位の処理に適しているが、すぐに再生するので効果が長続きしない。断面が広いため、ボツボツが目立つ。

掲載:2012年11月04日   category:ボディケア

tag:,

ボディケア」の関連記事

PAGE TOP