化粧品の選び方

化粧品の選び方

化粧品売り場に行けば、星の数ほどある化粧品の量に、目が回りそうになった経験はありませんか。たくさんあるのはいいのですが、たくさんありすぎるのも困りものです。
いったいどれを選んでいいのか、迷ってしまうのです。自分の美に深く関係する化粧品選びは、大切です。化粧品選びには、コツがあります。次の3つのステップで進めていけば、自分に合った化粧品をスムーズに選びやすくなります。

肌質を知る

まず大切なことは、自分の肌質を知ることです。普通肌、乾燥肌、脂性肌、脂性乾燥肌、敏感肌、アレルギー肌、にきび肌。

あなたの肌質は、どのタイプですか。

多くの人がここをあいまいにしています。あいまいにせず、はっきりさせましょう。化粧品選びの軸となる大切な部分です。

肌質がはっきりすることで、求める化粧品をしぼることができるのです。

 

求めている要望をはっきりさせる

肌質によって化粧品をしぼれば、次は目的です。あなたは化粧品に、どのような役割を求めていますか。

要望は何ですか。

顔で悩んでいることを、素直に思い浮かべてください。にきびを治したいのか。

美白をしたいのか。しみを消したいのか。しわをなくしたいのか。たるみを取りたいのか。

目的をはっきりさせると、さらに対象がしぼられます。

 

サンプルを試す

肌質と目的がわかれば、かなり商品数はしぼられている状態です。

最後のしぼりこみは、試供品を使ったチェックです。しぼった化粧品の試供品を、一つずつ、チェックしていきましょう。

最後に頼りになるのは、あなたの直感です。

パッケージの形、付け心地、臭い、肌触りなどを確認して、直感的に「いいな」と思うものを選びましょう。気に入ったものを一つに絞って、最後に購入です。

 

化粧品のブランドは、統一させたほうがいい。

ほとんどのブランドでは、化粧水と乳液などがシリーズになっています。

化粧水などは肌に浸透させて、効果を出すものです。その効果のために必要な成分が厳選され、特殊な技術が使われています。

技術には、そのブランドしか使えない「特許」が使われていることもあります。化粧水、乳液、美容液は、組み合わせることで、効果が最大限に発揮する前提でつくられています。

異なるブランドを使っても、肌にトラブルが出にくいでしょうが、化粧品の効果が出にくくなる可能性は考えられます。

ブランドがうたう「美白」や「アンチエイジング」などの効果を期待するのなら、やはりブランドを統一させるほうが賢明です。

ブランドを統一させていれば、化粧水、乳液、美容液にも同じ成分や技術が使われているはずですから、効果は断然アップします。

特別な理由がないかぎり、基本的にまずブランドを統一させるようにしましょう。

掲載:2012年11月04日   category:スキンケア

tag:,

スキンケア」の関連記事

PAGE TOP